SEO対策に役立つブログ

【SEO対策】ランディングページとは?

2021年6月9日

こんにちは、広島でITコーディネータとして活動している福田哲史です。
このブログは、僕がSEO対策を学び、実践していく中で、習得した情報をコンテンツとして無料提供するために作成しています。

ブログの情報を読んで、頑張っている事業者さんの売上拡大に少しでも役立てればいいなと思います。

今日のブログは、【ランディングページ】について書いていきます。
ウェブサイトを作る時なんかに、いろいろ調べているとよく出てくるこの【ランディングページ】という言葉。

これはわかりやすく言うと、あなたのサイトで検索ユーザーが最初に目にするウェブコンテンツページのこと。

検索ユーザーが最初に目にするウェブコンテンツページ

具体的には、どういったページかというと、例えばあなたがGoogleで「広島 お好み焼き」と検索したとしましょう。
すると、検索結果画面には、広島のお好み焼きに関する様々なページが一覧に出てきますよね。
その中から、あなたはどこかのサイトを選び、ページを開きます。
その開いたページこそが、そのサイトのランディングページという訳です。

そのサイトであなた(検索ユーザー)が最初に目にしたページが、そのサイトのランディングページです。

実際に「広島 お好み焼き」とGoogleで検索してみると、【広島で人気のお好み焼きランキングTOP20】や【広島で人気のお好み焼きを地元民がおすすめ】などのページが出てきますが、よく見てみるとどのページも、そのサイトのトップページが検索結果に出てきている訳ではないんですね。

以前は、何か情報を検索すると、いろんなお店や企業サイトのトップページが検索結果に表示されていたのですが、今頃はトップページが検索結果に出てくるという訳ではないんです。
それで【ランディングページ】という言葉が出てくるようになったんですね。

ランディングページはどう作る?

では肝心なランディングページの作り方ですが、それはそんなに簡単なものではありません。
まずは、どのような検索キーワードで検索した時に、Google検索結果に表示させたいのかということを決定していきます。
例えば、先ほどの例のように「広島 お好み焼き」で検索した時に表示させたいとします。

そしたら、実際にGoogleを使って「広島 お好み焼き」と検索してみて、検索結果に表示されたページをしっかり分析してください。

なにかわかったことはありませんか?

広島でオススメのお好み焼き店を複数紹介しているページが上位に表示されている傾向があるんです。
この傾向がわかったら、次は、この傾向に合わせたコンテンツページ内容を企画し、実際に作成していく訳です。

企画では、どんな検索ユーザーを想定したお好み焼き店紹介コンテンツにしていくか?
その検索ユーザーがクリックしたくなるようなページタイトルは?

など、検索ユーザー目線でコンテンツ内容を企画しましょう。
複数のオススメ店舗一覧の紹介ページとなる訳ですから、構成は一覧ページとなり、そこから更に各店舗紹介用の個別ページも必要になりそうです。

ザックリとしていますが、こんな感じでランディングページを作っていきます。

ランディングページを作るのは難しい

なので、大半の事業者さんはブログを活用し、毎日少しずつ作成していくようにしているのではないかと思います。
まずは、毎日一店舗ずつ地道にお好み焼き屋さんの紹介ページを書いていきます。
ブログですから、ブログカテゴリを上手に活用していくことで、「広島のお好み焼き」について紹介しているブログカテゴリの一覧ページに書き溜めたページだけが集約して表示されてきます。
そして、気がついたらそのブログカテゴリの一覧ページがランディングページとなっており、Google検索結果に上がってくるようになっていたなんてこともあります。

そう考えると、やっぱりブログって大切ですね。

  • この記事を書いた人

ITコーディネータ 福田 哲史

株式会社オウエン 代表取締役

広島県内でITコーディネータとして、ひろしま産業振興機構の創業サポーターや中小企業庁の専門家派遣制度ミラサポ(中小企業119に名称変更)の登録専門家として活動。ミラサポでは、累計348件の支援実績があり、派遣先からの総合評価、申請機関からの総合評価は共に4.9(5点満点)、評価コメント139件の実績があります。

【ひろしま創業サポートセンター】 https://www.hiwave.or.jp/hsusc/
【中小企業119】 https://chusho119.go.jp
【株式会社オウエン】 https://owen.co.jp

-SEO対策に役立つブログ
-,