HTMLタグ

SEO対策に役立つブログ

【SEO対策】画像データを多用しすぎるのはNG

こんにちは、広島でITコーディネータとして活動している福田哲史です。
このブログは、僕がSEO対策を学び、実践していく中で、習得した情報をコンテンツとして無料提供するために作成しています。

ブログの情報を読んで、頑張っている事業者さんの売上拡大に少しでも役立てればいいなと思います。

今日のブログテーマは、ページコンテンツ作成における画像の取り扱いについてご紹介しようと思います。

見栄えのいいコンテンツページを作成しようと思うと、どうしても画像データを駆使したくなりますよね。
どうしてもウェブコンテンツを作っていると表現に限界を感じてしまい、ビジュアル要素にこだわると画像データを多用してしまうものです。

でもブログタイトルにも書いてあるとおり、だからといって画像データを多用しすぎるのはSEO対策としてはNGになってしまう可能性が高くなります。

それはなぜか?

画像データの多用はなぜNG?

Googleは機械だから、画像データを人の目で見るようには正しく見えないからです。
人が見れば、この画像データは何なのかすぐに判別できますが、機械では正しく認識することが難しいのです。
AIの発達と共に、この問題も少しずつ改善しているわけですが、全ての画像データを正しく認識できる訳ではありません。

わかりやすい花の画像や、商品パッケージの画像であればAIで判別できますが、コンテンツページに使う画像は、そんなわかりやすい画像ばかりではありませんよね。

こんな感じで、機械では画像データを人間のように正しく識別できないため、画像データを多用されているコンテンツページだと、何について記載されているページなのか判断ができないのです。
判断がしにくいページだと、当然Googleも検索結果の上位に表示させることなんてしませんよね。

こういった理由で、画像データの多用はSEO対策ではあまりオススメできない訳です。

でも、画像を全く使わないとテキストデータばかりになるため、今度は人間から見て読みにくいページとなってしまいますよね。
なので、画像データはコンテンツ内容がわかりやすく伝えるため、テキストデータばかりにならないようにバランスを取るためなどに使います。

画像データを使うときはALTを使う

そこで、画像データを使うときには、ALT属性部分に、その画像が何の画像なのかについて端的な説明を入れておくようにします。

参考例


<img src="https://○○○.com/img/pic01.jpg" alt="ここに画像についての端的な説明を入れる" />

こうしておくことで、Googleは何を表している画像なのかを容易に理解することができます。
このように画像データを使うときは、人間から見ても、Googleから見ても双方から見やすくわかりやすいようにしてあげることを意識しましょう。

最後に注意点

よくALT属性部分に、SEO対策としてキーワードを入れたりしてたくさんの文字を詰め込んでしまっている方がいますが、これはこれでNGです。
Googleでは、ALT属性部分の文字をあまり高く評価しない傾向にありますので、ALT属性には長々と文字を入れず、あくまで端的な画像説明を入れる程度にしてくださいね。

では、また明日。

  • この記事を書いた人

ITコーディネータ 福田 哲史

株式会社オウエン 代表取締役

広島県内でITコーディネータとして、ひろしま産業振興機構の創業サポーターや中小企業庁の専門家派遣制度ミラサポ(中小企業119に名称変更)の登録専門家として活動。ミラサポでは、累計348件の支援実績があり、派遣先からの総合評価、申請機関からの総合評価は共に4.9(5点満点)、評価コメント139件の実績があります。

【ひろしま創業サポートセンター】 https://www.hiwave.or.jp/hsusc/
【中小企業119】 https://chusho119.go.jp
【株式会社オウエン】 https://owen.co.jp

-SEO対策に役立つブログ
-,