Googleトレンド

SEO対策に役立つブログ

Googleトレンドの使い方

2021年5月27日

こんにちは、広島でITコーディネータ(IT専門家)として活動している福田哲史です。
このブログは、僕がSEO対策を学び、実践していく中で、習得した情報をコンテンツとして無料提供するために作成しています。

ブログの情報を読んで、頑張っている事業者さんの売上拡大に少しでも役立てればいいなと思います。

今日のブログでは【Googleトレンド】という無料ツールの使い方についてご紹介します。
SEO対策というとGoogleのキーワードプランナーが多く使われていますが、キーワードプランナーを使うより前にこの【Googleトレンド】を使うことを僕はオススメします。

Googleトレンドの使い方は簡単

【Googleトレンド】の使い方はとっても簡単です。
トップページを開いて、検索ウィンドウに調べたいキーワードを入力するだけ。

使い方はとっても簡単なのですが、どのように使うことでSEO対策に役立てることができるのかが重要ですね。

例えば、これからあなたが美容室で創業したとします。
できればGoogle検索で「○○(地域名) 美容室」と検索した時に検索結果の1ページ目にウェブサイトが表示できるようになったら、集客に繋がると思いますよね。

でも、ここで待ってください。
Googleの検索ユーザーは「○○ 美容室」「○○ 美容院」「○○ ヘアサロン」のうち、どのキーワードで最も検索されているのでしょうか?

それを教えてくれるのが【Googleトレンド】なんです。
では早速、結果をみてみましょう。

Googleトレンド比較

一目瞭然ですね。
結果は、美容室 > 美容院 > ヘアサロン になります。
なので、お店のウェブサイトを作って、SEO対策をしていくなら、目標キーワードは「美容室」に設定するのがベストになります。
逆に「ヘアサロン」というキーワードは、Google検索ユーザーはあまり使っていないようなので、仮に「○○ ヘアサロン」で検索結果の上位表示を実現できても、検索ボリュームも少ないので売上に結びつく効果も、その分だけ下がってしまいます。

こんな感じで、「日本酒」と「焼酎」のキーワードを比較してみたりすることで、まさにGoogle検索のトレンドがわかる便利ツールなんです。
しかも無料で提供してくれている訳ですから、本当にありがたいことですよね。

この【Googleトレンド】、2004年から統計を開始していますので、2004年〜現在までの検索ボリュームの推移を調べることもできるんです。
面白いデータ比較がありますので、下の画像をご覧ください。

Googleトレンド比較2

ホットペッパー・食べログ・ぐるなび・居酒屋・博多の5つをキーワード比較したものです。
表示画面は、2004年〜2021年5月27日までになっています。

2011年 検索の仕方が変わってきた

少し見えにくいとは思いますが、2011年あたりを境に、ホットペッパー・食べログ・ぐるなびの検索ボリュームが減っているのがわかりますよね。
そして代わりに博多・居酒屋というキーワードは伸びてきています。

実はこれ、2011年に大きな転機があったんです。
この時期に、日本国民にスマートフォンが普及しきったタイミングになっています。
日本国民にスマートフォンが普及し、今まではPCからの検索だったのが、ひとり一台のスマホ検索に変わったんです。

2011年までは、居酒屋を探す時にはホットペッパーなどのポータルサイトを会社のPCで居酒屋を検索し、クーポンを印刷してお店に行っていませんでしたか?
それがスマートフォンが普及すると、事前に調べることはせず「○○(地域名) 居酒屋」というキーワードで検索するように変わってきました。
なので、2011年を境に、博多・居酒屋の検索キーワードは伸びてきているんです。

ちなみにこの「○○(地域名) △△(事業カテゴリ名)」の検索キーワード入力は、今では完全に日本人のクセになっています。

SEO対策の目標キーワードは「○○(地域名) △△(事業カテゴリ名)」が基本

もちろん例外もありますが、大抵のケースでこの組み合わせが検索キーワードとして使われています。
そのクセが、そのままインスタグラムのハッシュタグ(#)にも反映されていて、「#○○(地域名)カフェ」「#○○ランチ」などが人気のハッシュタグとして使われていますよね。

少し話は逸れてしまいましたが、このように【Googleトレンド】を使うとキーワード検索のトレンドを掴むことができます。
オススメのキーワード選定方法は、2011年を境にして右肩上がりで検索ボリュームが伸びているキーワードです。

ぜひご自身のビジネスに関連するキーワードをいろいろ打ち込んで、SEO対策に設定する目標キーワードを選定してみてくださいね。

ちなみに…
2020年10月に、ホットペッパー・食べログ・ぐるなびの検索ボリュームが一気に上がっているのですが、これなんでかわかりますか?

そう、GoToイートです。

では、また明日。

Googleトレンドの次は、ラッコキーワードの使い方

  • この記事を書いた人

ITコーディネータ 福田 哲史

株式会社オウエン 代表取締役

広島県内でITコーディネータとして、ひろしま産業振興機構の創業サポーターや中小企業庁の専門家派遣制度ミラサポ(中小企業119に名称変更)の登録専門家として活動。ミラサポでは、累計348件の支援実績があり、派遣先からの総合評価、申請機関からの総合評価は共に4.9(5点満点)、評価コメント139件の実績があります。

【ひろしま創業サポートセンター】 https://www.hiwave.or.jp/hsusc/
【中小企業119】 https://chusho119.go.jp
【株式会社オウエン】 https://owen.co.jp

-SEO対策に役立つブログ
-, ,