SEO対策に役立つブログ

SNSはSEO対策に有効か?

こんにちは、広島でITコーディネータ(IT専門家)として活動している福田哲史です。
このブログは、僕がSEO対策を学び、実践していく中で、習得した情報をコンテンツとして無料提供するために作成しています。

今日のブログは、SNSはSEO対策に有効なのかどうかについてご紹介しようと思います。

私の見解では、SNSを積極的に運用することはSEO対策にも有効に働きます。

では、どのようにすれば有効になるのか。
まず、SNSでそれなりのフォロワーがいること=多くの閲覧数を獲得できていることが重要なポイントになります。
多くのフォロワーがいれば、投稿した情報は広く拡散していきますよね。
情報が広く拡散できれば、より多くの人に投稿内容を見てもらうことができます。
投稿内容を見て、興味を持ってくれれば、より詳細をみるためにウェブサイトへのアクセスが期待できます。
結果として、ウェブサイトへのアクセス流入が増える=人気の高いコンテンツであると認識され、SEO対策にも有効に働くという流れです。

外部からの被リンクによるSEO対策としては有効とは言えませんが、ウェブサイトへのアクセス増によるSEO対策になるということです。

SEO対策に有効であっても、あまり有効ではないにしても、今の時代、集客やブランディングにSNSの運用は欠かせないものになっていますので、どちらにしてもSNSを積極的に活用することは重要ですね。
決してSEO対策が事業の目的ではなく、あくまで認知度を高めること、集客することで売上に繋げることが目的です。

もし、ECサイトを運営していて、売上を伸ばしたいのであれば、アクセス人数を増やすか※ 転換率を上げるか、客単価を上げていくかになります。
転換率や客単価をこれ以上あげることは難しいという状況だったら、アクセス人数を増やして売り上げを上げるしかありません。
そういった時に、SEO対策やSNSによる集客が必要になるわけですが、アクセス人数の増加につながるなら、SEO対策による集客でも、SNSからの集客でも構いませんよね。

注釈


厳密に考えると、SEO対策による集客の方が転換率の向上にもつながるとは思いますが、ここでは純粋にアクセス人数の増加にだけクローズアップして考えています。

結局のところ、集客にはSNSの活用は欠かせないということです。
ですから、SEO対策に有効かどうかではなく、集客やブランディングに対して有効かどうかを考えてSNSを運用するのが一番大切なことです。
結果として、ウェブサイトのアクセス流入が増加し、SEO対策にもつながるんですから。

では、また明日。

※ 転換率とは


例えば、100人のお客様からのアクセスがあって、3人のお客様に商品をご購入いただけた場合、転換率は3%となります。
要するに、100人のお客様のうち、何人のお客様に商品をご購入いただけているかというのをパーセンテージで表現したもの=転換率となります。
  • この記事を書いた人

ITコーディネータ 福田 哲史

株式会社オウエン 代表取締役

広島県内でITコーディネータとして、ひろしま産業振興機構の創業サポーターや中小企業庁の専門家派遣制度ミラサポ(中小企業119に名称変更)の登録専門家として活動。ミラサポでは、累計348件の支援実績があり、派遣先からの総合評価、申請機関からの総合評価は共に4.9(5点満点)、評価コメント139件の実績があります。

【ひろしま創業サポートセンター】 https://www.hiwave.or.jp/hsusc/
【中小企業119】 https://chusho119.go.jp
【株式会社オウエン】 https://owen.co.jp

-SEO対策に役立つブログ
-, , , ,