SEO対策イメージ画像

SEO対策とは?

このGoogleSEOサイトは、SEO対策について僕自身がSEO検定の資格取得を目的とした勉強による知識と、ITコーディネータ(IT専門家)として数多くの事業者支援を通して得ることができた結果を無料で情報提供し、より多くの事業者に役立てていただきたいというコンセプトで立ち上げたものです。
SEO対策というのは、日々変化し、進化を続けていくものになりますので、今日まで通用していたSEO対策が、明日には通用しない、逆にGoogleからペナルティを科せられてしまうなんてこともあります。
その為、このサイトではブログという形で、新鮮な情報をお届けできるようにしていますので、SEO対策に興味・関心をお持ちの方はぜひ僕のブログを読んでもらえたらと思います。

では早速ですが、このページでは、そもそも【SEO対策とは?】ということについてしっかりご紹介していこうと思います。

SEO対策とは?

SEO対策って何の略称?


SEO = Search Engine Optimization

SEO対策とは、簡単に言ってしまうと、Googleの検索結果画面で、1ページ目の上位に自分のサイトを表示させるために必要な対策になります。
あなたがECサイトで鞄屋さんを運営していたとして、Googleで「鞄 通販」と検索した時に、あなたのECサイトが検索結果の1ページ目、しかも上位に表示されてたらどうでしょうか?
かなり多くの検索ユーザーが、あなたのECサイトへ流入してきてくれると思いませんか?

このようにSEO対策をしっかりおこなうことで、あなたのビジネスを大幅に加速化させることができるのです。
では、次にSEO対策をおこなうことで得られる効果(メリット)についてご紹介します。

SEO対策の効果(メリット)

1、集客効果
SEO対策をおこなうことで得られる一番大きな効果、それは大きな集客力を得られるということです。
Google検索結果の1ページというのは、銀座の一等地にお店を出しているようなものです。
それだけで、より多くのお客様に気付いてもらうことができますし、サイトにアクセスしてもらうことができるようになります。
それに「鞄 通販」と検索して、アクセスしてくるということは、その検索ユーザーはとても購入意欲が高いと思いませんか?
購入意欲の高い検索ユーザーからのアクセス増加は、そのまま売上増加にも繋がっていきます。

2、宣伝広告費の削減効果
Google検索結果で1ページ目に自社サイトが表示されるようになっていたら、わざわざ多額の宣伝広告費を捻出しなくても充分ですよね。

3、ブランディング効果
これもSEO対策をおこなうことで得られる大きな効果といえます。
検索結果の1ページ目に上がっているサイトは、それだけで信用度・信頼度が高いように感じませんか?
この信用度・信頼度を活かして、セルフブランディングをおこなっていくことで「鞄の通販といえば、このお店!」という認識が検索ユーザーに浸透していくわけです。

では、次にユーザーが検索する際に使うキーワードについて種類ごとに分類してみましょう。
これをすることで、実に面白いことが見えてきます。

ユーザー検索キーワードを種類ごとに分類してみる

ユーザーが検索している検索キーワードを調べてみると、3つの種類に分類することができます。
結果から言いますが、大きく分けて指名検索・購入検索・情報検索の3つになります。
では次に、ひとつひとつの分類についてご説明していきましょう。

1、指名検索キーワード
指名検索というのは、例えば、商品名や商品型番、またはショップ名などのキーワードで検索することです。
例えば「エルメス」と検索したとしましょう。
このキーワードで検索するユーザーは、近くのエルメスがどこにあるのか知りたいユーザーであるか、もしくはエルメスで何かを購入したいと考えているユーザーの割合が多いと考えられますよね。
いわゆるブランド化されたショップや企業になればなるほど、指名検索される割合が高くなる傾向があります。
このように、指名検索というのは、3つに分けた検索分類の中で最も購入に結びつきやすく、経済価値の高いキーワード検索となっています。

2、購入検索キーワード
購入検索とは「鞄 通販」や「広島 鞄屋」など、どこで購入するかは決めていないけど、何を購入するか、もしくは購入したいかについては決定できている時によく使われる検索キーワードになります。
この購入検索キーワードは指名検索に次いで購入に結びつきやすいと考えられます。
購入検索キーワードでGoogle検索結果の1ページ上位に自社サイトが表示されるようになるとかなり大きな集客。売上に繋げることができますので、ブランド化されていない中小零細企業は、この購入検索キーワードで勝負するようになります。

3、情報検索キーワード
この情報検索キーワードは最も検索ユーザーが多く、全検索数のうち約80%を占めると言われています。
よく「○○とは」や「○○ 使い方」「○○ レシピ」などと検索していませんか?
それこそが情報検索キーワードとなります。
SEO対策は、サイトへのアクセス数を増やすことでGoogleからのサイト評価を高めることができ、結果として検索結果の上位に表示されやすくなる傾向がありますので、購入に直結しない情報検索キーワードではありますが、サイト評価を高めるためには有効な検索キーワードとなります。

最初に狙うのは情報検索キーワード

では、上記の検索キーワードのうち、SEO対策の初歩からスタートするにはどこから取り組めば良いのでしょうか?
それは、情報検索キーワードとなります。
ブランド化できていないのであれば、指名検索されることはまずありませんし、いきなり購入検索でGoogle検索結果上位表示を狙うということも難しいものです。
すぐに売上には繋がりませんが、最初は地道に情報検索キーワードで検索結果1ページ目に自社サイトのページが上がってくるように努力を続けることが大切ですし、集客戦略において一番の近道だったりします。
鞄屋さんであれば「鞄 クリーニング」「鞄 修理」「鞄 収納」などのキーワードでGoogle検索結果の1ページ目にサイトが表示されるように努力してください。

どうすれば検索結果の1ページ目に表示される?

では、最後に。
どのようにすればGoogle検索結果で自社サイトのページが1ページ目、しかも上位に表示されるようになるのでしょうか?
その答えに100%の正解というものはありません。
それは、Googleの検索結果を表示するための手順(これをアルゴリズムといいます。)は常に変化を続けている上、全ての情報が開示されている訳ではないからです。
自社サイトをどのようにすることで、Googleのアルゴリズムに合致するか?
それを考え、実践していくことこそがSEO対策です。

そして、そのSEO対策については、僕のブログで毎日少しずつではありますが、旬な情報を掲載していきますので、ブログを参考にしてください。
役に立つ情報ばかりではないかもしれませんが、何かの役に立てたら幸いです。

ブログページはこちら